はじめに

皆さんはタイ古式マッサージと聞いて、どんなものを思い浮かべますか?
タイ古式マッサージと聞くとダイナミックなストレッチ等が真っ先に頭に浮かんでしまって痛いんじゃないかと思う人もいるのではないでしょうか?

却って痛みでストレスが溜まりそうと思うかもしれませんが、そんな事はありません。
今回はタイ古式マッサージが本当に痛いのか、どんな効果があるのか等を詳しくお伝えしていきます。

タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージはヨガや指圧、整体等流れを汲むタイ伝統医学の1つです。
その歴史は非常に古く、ブッダの主治医だったシヴァカ師が開祖と言われています。
そして約2500年前に仏教と共にタイから伝わり、今も受け継がれています。

タイ古式マッサージは頭の先からつま先まで、全身のマッサージを行い、手のひら、肘、膝、足等、身体全体を使って筋肉を刺激していきます。センと呼ばれる人体を流れるエネルギーラインをゆったりとしたリズムで刺激していき、凝り固まった筋肉を解していきます。

また、タイ古式マッサージはダイナミックなストレッチを行いながら身体をほぐすのが特徴の1つです。
このストレッチを行う事で、身体全体の柔軟性を高め、身体に疲労を蓄積しにくくなります。

タイ古式マッサージの効果

タイ古式マッサージの効果は身体のコリを癒すだけではありません。
血液とリンパの流れを促進する事で根本的な体質改善を行う事が出来ます。

血液やリンパの流れが良くなると、血液の循環が良くなるので、血液が全身のあらゆる部位に十分な酸素や栄養素を運搬し、供給してくれるようになります。それにより、内臓の動きも活発になります。
また、リンパの流れが良くなると、身体の至る所に溜まっている老廃物を回収してくれ、リンパ節でろ過した後、身体の外に排出してくれます。

つまり、タイ古式マッサージを受ける事でデトックス効果が期待でき、身体の中からキレイにしてくれるのです。このことから、タイ古式マッサージの効果は約60種類もあると言われています。

例えば、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善にも効果がありますし、慢性的な頭痛や食欲不振、女性に多い便秘や冷え性等、何となく体調が悪いな、症状があまり出ず、病院へ行くほどでもないような状態の場合に最適なマッサージです。

その他にもアレルギーや生理不順、低血圧、風邪の予防、貧血、ストレス解消等、効能、効果は多岐に渡ります。

タイ古式マッサージって痛いの?

タイ古式マッサージと聞くとどんなイメージがありますか?
恐らく、タイ古式マッサージは凄い痛みを伴うのではと思っている方も多いと思います。

しかし、結論から申しますとタイ古式マッサージは決して激痛を伴うようなマッサージではありません。
正確には「痛気持ちいい」マッサージかと思います。

タイ古式マッサージは指圧とストレッチを組み合わせて行うマッサージです。
指圧はツボを押していくわけではなくて、先程説明したセンに沿って指圧し、圧迫と開放を繰り返します。
つまり、筋肉を揉み解すのではなく、指圧によって人工的なポンプ作用を作って血行不良を改善していきます。

タイ古式マッサージはストレッチも多く取り入れて行われ、特に身体を捻るストレッチが多用されています。この身体を捻るストレッチは非常に技術を必要とされ、施術者が未熟だと却って症状を悪化させてしまう危険があるので注意が必要です。

そして、タイ古式マッサージはアクロバティックに見えるようなダイナミックなストレッチが多いのも特徴と言えます。このダイナミックなストレッチを行う事からタイ古式マッサージは2人で行うヨガとも言われています。

これらを組み合わせてマッサージが行われていきますので痛いのではないかと思われる方が多いのですが、マッサージはその方の体調や状態、そしてどの程度の痛みを感じるかを施術者が見極めて行ってくれますので、激痛に耐える必要はありませんので安心して頂ければと思います。

また、痛みを感じる度合いは人それぞれです。
痛みに弱い方は予め伝えておく事で施術者も気をつけてくれますので、施術を受ける前に話しておく事をお勧めします。

タイ古式マッサージを受ける際の注意点

タイ古式マッサージは指圧の他にダイナミックなストレッチも行ないますので、受ける上で下記の3つの点に注意しましょう。

1.食後1時間以内のマッサージは避ける
タイ古式マッサージは腹部のマッサージも行ないます。また、ダイナミックなストレッチも行なうので様々な体勢をとります。そのため、食事をした直後に行なうと、胃腸に負担がかかる場合が多く、人によってはお腹が痛くなってしまったり、気分が悪くなってしまう恐れがあります。
よって身体に負担をかけない為に、最低食後1時間は施術を受けるのを控えましょう。

2.生理中の場合はその旨を伝えておこう
タイ古式マッサージは生理中であっても問題なく施術が受けられます。
しかし、タイ古式マッサージは受ける事で全身の血行が促進されるので、施術を行なった後に出血が増える事がありますので、出血が多くなっても良いように準備しておきましょう。

3.身体が固い人は受けられないの?
タイ古式マッサージはダイナミックなストレッチを行なうので、身体が固いと受けられないんじゃないかとか、痛みが強いんじゃないかと不安に思うかもしれませんが、筋肉を柔らかく解しながら施術を行なっていきますので、そんな心配はしなくて大丈夫です。
ただ、脱臼癖がある方や関節等に痛みや炎症がある方、過去に大きな怪我をされている方は施術を行なう前に施術者に伝えておきましょう。

伝えておく事で、その部位に負担がかからないようにストレッチ等を行なってくれるはずです。

まとめ

タイ古式マッサージはヨガや整体の流れをくむタイ伝統医学の1つです。
タイ古式マッサージの効果は血流やリンパの流れを良くするだけではなく、様々な疾病に効果があるとされています。

何となく調子が悪いなと思うような肩こりや慢性的な頭痛等の他、高血圧や低血圧、糖尿病といった生活習慣病等、タイ古式マッサージを受けた事による効能、効果は多岐に渡ります。

タイ古式マッサージは決して激痛を伴うものではありません。身体が固い方でも施術は問題なく受けられます。ただし、タイ古式マッサージを受ける上での注意点としては、食後1時間は施術を受けるのを避けましょう。

また、生理中の時は予め施術者に伝え、出血が増えても良いように自分でもしっかりと準備しておきましょう。タイ古式マッサージを受けて健康的に過ごしましょう。

監修

・救急医、内科医 増田陽子

・救急医、内科医 増田陽子

増田陽子さん
・救急医、内科医
専門分野 
微生物学、救急医療、老人医療

経歴
平成18年 Pittsburg State大学 生物学科微生物学・理学部生化化学 卒業
平成22 年 St. Methew School of Medicine 大学医学部 卒業
平成24年 Larkin Hospital勤務
平成26年 J.N.F Hospital 勤務

資格
日本医師資格
カリブ海医師資格
米国医師資格

関連する記事

関連するキーワード

著者