はじめに

食事制限や運動をしなくても痩せると話題の8時間ダイエット。

通常ダイエットをする際、準備をする必要がありますが、8時間ダイエットでは準備の必要もなく簡単にダイエットを行うことが出来ます。しかし、間違った方法で行えばダイエットの効果を得ることができません。

ここでは、8時間ダイエットの効果をちゃんと得ることができるように、正しいやり方や効果などご紹介したいと思います。また、さらに効果の上がる飲み物や運動などもご紹介します。

8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットとは、1日24時間のうち8時間は食事をとってもいいですが、その他の16時間は食事を摂らず水分だけで過ごすというダイエット方法のことを言います。

通常食事をするとき、朝・昼・夕と摂ると思いますが、8時間ダイエットを行うと3食摂ることが出来ず自然と2食になり、1食分食事をしないのでカロリーを抑えることが出来ます。

また、食事をしない時間は胃腸などの消化器系を休ませることができるので、内臓を正常な状態に戻すことができ、内臓の機能回復にも効果があります。

ただし、2食しか食べられないからといって食べ過ぎてしまったりするのは良くないので注意しましょう。また、軽い運動をすることによってさらに効果を上げることも可能です。

8時間ダイエットの正しいやり方と注意点

8時間ダイエットのやり方は簡単ですが、注意しないといけない点がいくつかあります。
ここでは、8時間ダイエットの正しいやり方と注意点についてご紹介していきたいと思います。

1、8時間ダイエットの正しいやり方

通常の生活をしている時、3食食事を摂ると思います。
例えば、7時に朝食を取り、12時に昼食を取り、19時くらいに夕食を取るとします。

8時間ダイエットの場合は、24時間中8時間以内で食事を済ませるようにします。
例えば、7時に朝食をとったら、15時までには次の食事を摂るようにします。
そうすると、1日8時間以内に食事を摂ることが出来ます。

ただ、人によっては朝食をとらないで、昼食からと摂るという方もいると思います。
その場合も、12時に昼食を取ったら次の食事を20時までにするようにすると1日8時間以内に食事を摂ることが出来ます。

このように最初に食べた食事の時間から8時間以内に食事を摂り、それ以外は食べないようにするのが8時間ダイエットの正しいやり方です。

2、8時間ダイエットをするうえでの注意点

8時間ダイエットをするには、時間だけでなく他にも注意しないといけない点がいくつかあります。
ここでは、8時間ダイエットをするうえで注意する点についていくつかお教えします。

1)食事時間を決める

1日のうち初めに食べた食事の時間から、8時間以内に食事をすればいいのですが、毎日バラバラの時間に実行するといつ食事をしたのか分からなくなったりしてしまうことがあります。仕事をしていたり、その時の事情によって多少前後するとは思いますが、だいたいの食事時間を決めて規則正しく食事をするようにしましょう。

また、最後の食事をしてから寝るまでの時間が短くても、カロリーを消費することができません。最後の食事をしてから寝るまでの間隔が4時間以上開くように考えて食事をするようにしましょう。

2)水分補給をしっかりする

8時間ダイエットをするうえで、気をつけてほしいのが水分補給です。
8時間以内に食事は終わらせますが、それ以外の16時間はこまめに水分補給をしないと水分不足になってしまうので注意しましょう。

ただし、水分補給をする際カロリーがあるものは控えて、お茶や水などカロリーが少ないものをとるようにしましょう。また、カフェインがあるものも控えると胃腸を休ませることができるのでおススメです。

3)カロリーを取りすぎない

8時間ダイエットをすると、2食しか食べられないと思って暴飲暴食してしまうことがあります。
いくら、8時間以内に食事をしても1日の摂取カロリーを通常より増やしてしまったら意味がありません。
カロリーを制限する必要はありませんが、3食食べていた時よりもカロリーが増えないように注意ましょう。

8時間ダイエットの効果って何?

8時間ダイエットは、1食分のカロリーを抑えることができるので痩せることが出来ます。
ただ、それ以外にも体にさまざまな効果を発揮することが出来るのです。
それでは、8時間ダイエットをするとどのような効果があるのか見ていきましょう。

1、痩せやすい体にすることができる

人間の体には「消化酵素」と「代謝酵素」の2つの酵素があります。
この2つの酵素は、どちらかを多く使ってしまうとどちらかが減ってしまうという点があります。

例えば消化するために消化酵素を使えば、代謝酵素が減ってしまうため新陳代謝が悪くなってしまいます。
8時間ダイエットは、16時間食事をしないので通常その間に使う消化酵素を抑え、代謝酵素をたくさん働かせることができ、新陳代謝を高めることができるので脂肪が燃えやすくなります。

新陳代謝が良くなるということは、脂肪が燃えやすくするだけでなく痩せやすい体を作ることが出来ます。

2、便秘解消が出来る

8時間ダイエットをすると、16時間食べない時間があるのでその間胃腸などの消化器官を休ませることが出来ます。消化器官を休ませることができるということは、消化機能を正常に戻すことができるので便秘が解消します。また、16時間水分をきちんと摂ることで腸の中をきれいにすることも出来ます。

効果を上げる飲み物と運動って何?

8時間ダイエットをするだけで痩せたりすることは出来ます。
ただ、飲み物や運動に気をつけるとさらに効果を上げることが出来ます。
ここでは、効果を上げるための飲み物や運動についてご紹介していきます。

1、効果を上げるための飲み物

8時間ダイエットの効果を上げるためには飲み物にも気を使う必要があります。

上記でご紹介したようにカロリーが少ないものやカフェインが少ないものをとるのも大事ですが、それ以外にも効果を上げるための飲み物を取ることも大切です。

そこでおススメなのは、「グリーンスムージ」と「酵素ドリンク」です。
「グリーンスムージ」は、8時間ダイエットで減ってしまう栄養分や野菜不足を解消し、空腹感を抑えてくれます。

「酵素ドリンク」も栄養補給をし、身体に必要な酵素を増やすだけでなく体調を整え、空腹感を抑えてくれます。
このように、食事をしない16時間の水分補給にも気を使うとさらに効果を上げることが出来ます。

2、効果を上げるための運動

8時間ダイエットで、食事の摂取カロリーを抑えても効果を高めることができません。
効果を高めるためには、1日10分程度の有酸素運動をするとよいです。
例えば、ウォーキングなどをしたり、ストレッチをするだけでも効果を上げることが出来ます。

また、有酸素運動以外に筋トレを行うのも効果的です。カロリーを減らして有酸素運動だけをしていると筋肉が痩せてしまうことがあるからです。

このように、8時間ダイエットをしながら有酸素運動と筋トレを毎日継続して行っていくとさらに効果を上げることが出来ます。

まとめ

皆さん、8時間ダイエットについて分かっていただけましたか?
8時間ダイエットは誰でも簡単に行えるダイエット方法です。ただし、1日2食しか食べれないからと言ってカロリーを取りすぎてしまうとちゃんとした効果を得ることが出来ないので注意しましょう。

監修

・救急医、内科医 増田陽子

・救急医、内科医 増田陽子

専門分野 
微生物学、救急医療、老人医療

経歴
平成18年 Pittsburg State大学 生物学科微生物学・理学部生化化学 卒業
平成22 年 St. Methew School of Medicine 大学医学部 卒業
平成24年 Larkin Hospital勤務
平成26年 J.N.F Hospital 勤務

資格
日本医師資格
カリブ海医師資格
米国医師資格

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@