徳永秀さん

獣医師、ペット栄養管理士(ペット栄養学会認定)
ペットフード販売士(一般社団法人ペットフード協会認定)
動物病院で獣医師として三年半で1万頭以上の犬猫と向き合い、
全国の動物病院やペットオーナー向けの専門商社や事業会社にて、数々の新商品や新規サービスを開発する。

現在は独立し獣医師、ペルシャ猫八太郎の1飼い主としての両方の視点から、
複数の企業の動く顧問として動物病院やペットオーナーにより良い商品やサービスを提供するために奮闘中。

動物系の大学や専門学校にて外部講師をつとめ、学生時代に子供に対する
ホースセラピーボランティアをきっかけに、動物が与えてくれる人への影響について独自に研究中。

マハロ・ペットワークス 代表獣医師
リライフアニマルクリニック 院長

徳永秀さんが書いた記事

第3回:小さな兄と大きな妹 兄妹逆転の宿命(世話をすることによる情操教育、老化防止への影響)

【八太郎と暮らす生活 ペルシャ猫日和 連載第3回】 こんにちは、獣医師の徳永と申します。テーマは「動物と人が互いに与える影響」です。 人と動物は互いに影響を与えてきながら、今日まで暮らしてきました。 私は獣医師でありますが、元捨て猫だった八太郎との暮らしを通じて、動物と人が互いに影響を与えることを人間の健康メインにお話しさせていただきます。 たまに話が娘と八太郎の日常風景に脱線するのはご了承いただき、温かい気持ちでお付き合いいただけると幸いです。

記事を読む

第2回:猫アレルギーの私、毛並みで人はアレルギーになる?(毛並みとアレルギー)

【八太郎と暮らす生活 ペルシャ猫日和 連載第2回】こんにちは、獣医師の徳永と申します。 人と動物は互いに影響を与えてきながら、今日まで暮らしてきました。 元捨て猫だった八太郎との暮らしを通じて、動物と人が互いに影響を与えることを人間の健康メインにお話しさせていただきます。 たまに話が娘と八太郎の日常風景に脱線するのはご了承いただき、温かい気持ちでお付き合いいただけると幸いです。

記事を読む

第1回:猫と育つと人が健康に?動物が人に与える影響

”八太郎と暮らす生活 ペルシャ猫日和”初めまして、獣医師の徳永と申します。  人と動物は互いに影響を与えてきながら、今日まで暮らしてきました。 元捨て猫だった八太郎との暮らしを通じて、動物と人が互いに影響を与えることを人間の健康メインにお話しさせていただきます。 たまに話が娘と八太郎の日常風景に脱線するのはご了承いただき、温かい気持ちでお付き合いいただけると幸いです。

記事を読む
3 件