はじめに

バレリーナやヒップホップ系のシンガー、そしてセレブにも多いといわれる牽引性脱毛症。
男性のAGAに対比して女性は牽引性脱毛症が挙げられますが、男性のAGAとは全く違った原因であり、おしゃれな人、美に関心が高い人に急増中の脱毛症です。
最近ちょっと気になる部分がある、人に指摘されたなどと心中不安な人は、まずはどういった症状、原因なのかを知ることが重要です。

おしゃれな人こそ注意が必要な牽引性脱毛症とは

「牽引」というのは物を引っ張るという意味ですね。牽引性脱毛症とは、文字どおり引っ張ったことにより起きてしまった薄毛や脱毛のことを指します。
しかし、けんかなどで髪の引っ張り合いをして強制的に抜けてしまうケースは、牽引性脱毛症の類には入りません。
ある程度の期間、引っ張る形のヘアスタイルなどで頭皮に影響を及ぼしてしまうことで起きるものです。

髪が長い、ヘアアレンジも著しいのは女性であるため、男性にはほとんど関係なかった牽引性脱毛症ですが、最近ではそうとも言えなく、これまで女性分野のおしゃれだったものが男性にも広がり、長髪の男性が増え、境界線が失われつつありますので、今後は男女ともに発生すると予想されています。

牽引性脱毛症が起きるシチュエーションは?

● ポニーテールなどで引っ張って結ぶ
今でこそポニーテールのヘアアレンジは少ないのですが、髪を結ぶ、まとめるというヘアアレンジは普通に行われます。その結ぶ場所がいつも同じであれば牽引性脱毛症につながります。

● 髪の分け目
特別なお手入れをしなくても分け目はできるものです。これが意外に365日癖となって同じ分け目になっている、また分け目もあり髪も結んでいるとなれば、分け目の部分に牽引性脱毛症が起きやすくなります。

● エクステを使っている
エクステとは「ヘアエクステンション」のことで、人工的に作られた毛束を使うことです。
髪の長さや量をプラスできたり、地毛と違う遊びのあるカラーにも変えられるというメリットで非常に増えてきたものです。セレブの間でも牽引性脱毛が増えたというのはこのケースが多いようです。
エクステの固定方法としては編み込みやシリコンキャップ、シール、超音波を使用して地毛に取り付けることになり負担が重く、牽引性脱毛症になりやすくなります。

● ヘアアイロン
髪の毛をはさんで力を加えながら滑らす。頭皮がしっかりと髪の毛を支えているからできることです。アイロンを引っ張れば引っ張るほど髪の根本に負担がかかり牽引性脱毛症になりやすくなります。

● 髪をかきあげる
髪を気にする、髪の毛に手が行ってしまうという人は、知らないうちにかき上げていることが多いと思います。かき上げるしぐさにちょっと力が入ると引っ張ることになりますので、牽引性脱毛症になる可能性は大いにあります。

牽引性脱毛症の原因及びメカニズム

脱毛症にも原因によっていろいろな種類がありますが、ホルモンや内因性のものではなく、物理的な負担をかけることで血行障害が起きてしまうことが原因です。
毛髪の根元には毛母細胞といって髪を作り出す大元があります。細胞は血流によって栄養を得ていますから、その栄養分が周って来なくなると維持も製造もできなくなるというわけです。
瞬時に引っ張る刺激ではなく、同じ状態が持続することで血流が悪くなるということが重要なポイントです。

ちょっとした工夫で牽引性脱毛症を治しましょう!

抜け毛の原因がわかったところで、次に気になるのは地肌が見えている部分からまた毛が生えてくるかどうかということですね。
結論的には、髪が抜けた時に毛母細胞が一緒に排除されていなければ、同じ毛穴から新たな毛が生えてきます。

よくある事ですが、髪の根本と思われる部分に白っぽい皮のような塊が付いてくることがあると思いますが、これは細胞ではなく毛根鞘という髪を頭皮につなぐ役目をするもので、抜け毛のほとんどに付着しているものですので、心配はありません。

ヘアスタイルを変える

ロングヘアであるとどうしても結ばなくてはならないことが多くなると思います。
勤務されている会社の方針や職種が特別でなければ、一度短くすることをオススメします。
もしも地肌が目立つくらいの脱毛が起きている場合でもカバーしやすくなると思います。

また、分け目を変えることもポイントです。
右よりの2:8分けなどであれば、そのまま左に置き換えるとか、ジグザグにしてみるなどはいかがでしょうか。分け目を変えると髪のボリュームが増しますので利点ともなります。

頭皮マッサージ

地肌が固くなり血行が悪くなると細胞もうまく活動できません。そこで力強く押したり、たたいたりするのではなく、円を描くように指の腹を使ってやさしくマッサージ、または上につまみ上げるかのように指を動かすマッサージも効果的です。

また古くから伝えられる「ツボ押し」を行うことで血行やリンパの流れを良くする方法もあります。

・耳たぶの裏側にあるへこんだ部分「翳風(えいふう)」
・後頭部の背骨の付け根あたり「風池(ふうち)」
・頭のてっぺん部分「百会(ひゃくえ)」

育毛剤

育毛剤と記載されたものならどんな物でもいいかというと、逆に刺激が強すぎてマイナス効果になることもあります。頭皮に柔軟性を持たせることが主体となる育毛剤なら使用しても悪影響は及ぼしません。
界面活性剤やバラペンといった成分が入らない物、できるだけ無添加製品を選びましょう。

まとめ

牽引性脱毛症は、通常は女性に多いのですが、ホルモンに関係するとか、女性専用の化粧品などで起きるとかの原因ではないので、男女ともに年齢にも関係なく、同じ条件で起こりうる脱毛症です。ヘアスタイル一つで外見は大きく変わるものですから多くの手をかけたくなりますが、脱毛に偏らないような手のくわえ方を工夫しましょう。
大きな持続した刺激を避けながら、美しいヘアスタイルを保ち続けたいものですね。

監修

・救急医、内科医 増田陽子

・救急医、内科医 増田陽子

専門分野 
微生物学、救急医療、老人医療

経歴
平成18年 Pittsburg State大学 生物学科微生物学・理学部生化化学 卒業
平成22 年 St. Methew School of Medicine 大学医学部 卒業
平成24年 Larkin Hospital勤務
平成26年 J.N.F Hospital 勤務

資格
日本医師資格
カリブ海医師資格
米国医師資格

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@