はじめに

ダイエットというと食事制限や運動をイメージしがちですが、背伸びダイエットというのは、その名の通り「背伸び」をするだけというとても簡単なダイエット方法です。たったの1分間、背伸びするだけで行うことができるので、忙しい現代人にもぴったりです!それでは、詳しく見ていきましょう。

背伸びがダイエットに効く理由

背伸びダイエットはとても簡単に行えますが、なぜ背伸びをするだけでダイエットができるのでしょうか?

背伸びがダイエットに効果的な理由は、背伸びで身体を上に伸ばすことで、全身の筋肉を刺激することが可能だからです。そして、腹筋、背筋などをしなやかにして、筋肉をつけることもできます。とくに、肩甲骨あたりにある褐色脂肪細胞脂肪の燃焼に作用することが分かっています。この細胞の働きが活発な人はエネルギーをたくさん消費することができるので太りにくいです。背伸びをすると自然と肩甲骨が動きますので、そのおかげで褐色脂肪細胞を程よく刺激することができ、ダイエットにつながります。

ダイエットをしていたけれど、続けることができず挫折してしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。
背伸びダイエットは、毎日背伸びを意識的に取り入れることで痩せやすい体へと変化していくというものです。
背伸びをするだけなら負担になりにくく、費用もかからないという点も利点です。

背伸びダイエットのやり方

背伸びダイエットのやり方をご紹介していきます。背伸びダイエットは、いつでもどこでも出来るというのがポイントです。特にここでないといけないという場所もなく、気軽にできます。

<背伸びダイエットのやり方>
1.背伸びを行う前に、大きく深呼吸をしましょう。
2.手のひらが上向きになるように手を組みます。そして上へと伸ばします。
3.背伸びをしつつ顔を上に上げます。そして後ろへ反り返るような体勢をとりましょう。
4.背伸びをして目一杯体が伸びたら次に15秒間息を吸い込んでから、15秒かけてゆっくりと息を吐きだします。
5.深呼吸を1セット30秒、それを2セット繰り返し行います。

ポイントとしては、息を吐く時に引き上げた体が下がらないようにすることです。また、膝や肘に力を入れ過ぎてしまい膝や肘をロックしてしまわないように気をつけましょう。余裕がある方はつま先で床を押しながらかかとを上げ、つま先立ちになつと下半身の筋肉も活性化され、なお効果的です。地味な運動に思えますが、実は筋肉を使う運動ですので、慣れないうちは筋肉痛になることもあります。適度な休憩が必要です。

回数としては、朝食と昼食、夕食の前に1分間、背伸びをするというペースがよいでしょう。

背伸びダイエットの効果

褐色脂肪細胞が活性化されると、脂肪が燃えやすくなる効果があります。そして、背伸びをすることで自然と腹式呼吸が身に付きます。腹式呼吸は、普段行っている胸式呼吸と比べると、体内に取り込む酸素の量が増えます。実は、脂肪を燃やすためには酸素が必要不可欠です。

腹式呼吸をすることで酸素をたくさん体内に取り込めるので、いつもよりも断然、脂肪が燃えやすくなるのです。そして痩せやすいからだになります。

猫背などで姿勢が良くないと、太りやすいです。なぜなら、背中が丸まっていると肺、内臓など臓器が圧迫されている状態になってしまい、体内に取り込む酸素量も減少、同時に胃腸の機能も低下するからです。新陳代謝も悪くなってしまいます。

良い姿勢を維持するための脊柱起立筋と言われる筋肉群が背中に存在します。その脊柱起立筋が、背伸びをすることで刺激されます。その結果、インナーマッスルが効率よく鍛えられ、基礎代謝も向上するという仕組みです。

背伸びのダイエット以外の効果

背伸びダイエットには、ウエスト引き締め効果もあります。背中の筋肉というのは、体を支えるための役割を担っています。背中の筋肉を鍛えることで、姿勢が良くなり、内臓を引き上げてくれますのでウエストを引き締めてくれるのです。

そのほかに、体の歪み、姿勢の改善や矯正にも効果があると言われています。猫背の方など、日常的に姿勢の悪い方は、知らず知らずのうちに体の歪みにつながります。

背伸びの運動を取り入れることで、背中の筋肉を強くすることができ、姿勢の悪さの改善につながります。体の歪みを原因から予防し、改善することが可能なのです。そのほか、基礎代謝が上がるので、体温上昇の効果もあり、冷え性改善にも役立ちます。

他には、肩こり、腰痛、便秘解消にも効果的です。自律神経が整うので、ストレス解消効果もあります。

まとめ

今回は背伸びダイエットの効果、やり方などをご紹介しました。
これほど運動や食事制限なしに実践できるダイエットであれば、続けることができる人も多いのではないでしょうか?
背伸びを利用した簡単なダイエットを行い、スリムなからだを目指しましょう。

監修

・救急医、内科医 増田陽子

・救急医、内科医 増田陽子

専門分野 
微生物学、救急医療、老人医療

経歴
平成18年 Pittsburg State大学 生物学科微生物学・理学部生化化学 卒業
平成22 年 St. Methew School of Medicine 大学医学部 卒業
平成24年 Larkin Hospital勤務
平成26年 J.N.F Hospital 勤務

資格
日本医師資格
カリブ海医師資格
米国医師資格

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@