はじめに

ドライアイになっている人が益々増えてきていますが、日本では3人に1人が経験していると言われます。

目に異常を感じると不安になりませんか?

大丈夫だと思いこみで放置しておいて大丈夫なものでしょうか。
ドライアイを治すには、まずは知ることからです。
知識を持って、自己対策に取り組みましょう。

そもそもドライアイって?

目は涙で保護されていますが、この涙の分泌量が減ったり、涙の質が変化してしまったために、乾いた状態になることです。

涙はどんな働きをしている?

涙は、三層からなる構造でできています。

外側から ①涙が蒸発してしまう事を防いでいる油層
     ②栄養と水分を含み、目に潤いを与えている水層
     ③涙が目の表面全体に行きわたるようにしているムチン層

涙は、目の渇きをキャッチした時にだけ流出するものではありません。
普段から「乾燥防止」、「目の洗浄」、「外敵からの保護」、「目の表面の滑らかさを維持する」などの働きをしています。

症状

目が疲れやすくなります。そのほか目がコロコロするような異物感が出たり、充血や目が開けづらいなどの症状も出てきます。

そのまま放置

涙が不足すると、目の表面にゴミなどが付きやすくなります。
するとそこから角膜という部分に細菌が侵入しやすくなって角膜炎を起こすこともあります。

最悪な場合は、角膜移植が必要な状態をまねきます。
角膜炎を起こさないにしても、目を開けるときの苦痛は増えることになります。

どんなことからドライアイになる?

年齢

水道の蛇口のような導涙機能(涙の排出量をコントロールする機能)が、加齢とともに弱くなります。

コンピューターを使った仕事

まばたきをすることで涙が分泌されますが、パソコンやスマートフォンなどの画面を注視すると、まばたきの回数が三分の一に減少してしまいます。

乾燥した部屋

夏はエアコンの風邪、冬は暖房による温風などで目から涙が気化してしまいます。

コンタクトレンズ

目はコンタクトレンズを異物と判断することで、刺激分泌の涙が出てしまい、涙の3層構造がバランスを崩してしまいます。

ストレス

ストレスがたまることで自律神経のバランスを崩します。
そこから交感神経が活発になってしまい、涙を分泌させる副交感神経が不利になることで涙量が減ってしまいます。

内服薬

高血圧を伴っている方が服用する降圧剤(血圧を下げる薬)や向精神薬(抗コリン作用)の影響で涙が減少することがあります。

持病が引き起こす

・マイボーム腺機能不全
・結膜弛緩症
・シェーグレン症候群
・スティーブンス・ジョンソン症候群

ドライアイを改善する7つの方法

ドライアイの原因がさまざまであるように、日常生活上ちょっとした心がけで予防や改善方法がたくさんあります。
自分に合った方法をさがしてみましょう。

目の休息

特にパソコンやスマホを使う方は、定期的に目をモニターから離し、目を休ませましょう。
一時間に10分の休憩が目安です。
目を休めている間は、遠くを見るようにするなど、視点を遠くに持っていくこと効果的です。

まばたき

普段から意識的にまばたきを多くしてください。
また時々、まばたきの体操も行うとより効果的です。

ふつうにまばたき→ 力を入れてギュッとまばたき→ 目を開けたまま数秒がまん
これを1セットとして、一日に何回も繰り返すと良いでしょう。

目を温める

温タオルなどで目を温めると血行がよくなり、脂分の分泌量が増えます。
ドライアイだけではなく眼精疲労にも効果的です。

目に優しい環境をつくる

・エアコンの風や暖房の温風が直接当たらない場所を選びましょう。

・煙草の煙もドライアイにとっては敵となります。自分が喫煙者ならば禁煙を考えましょう。

・パソコンやテレビの位置を、目線より下側になるように設定すると無理にまぶたを上げなくて済むので露出による乾燥を防ぐことができます。

・室内であれば、十分な加湿で乾燥を防ぎましょう。

目薬

パソコンなどのモニターを見ることが多い仕事の場合などでは、頻繁に目薬をさしましょう。

目薬は、「防腐剤」「血管収縮剤」などを含まないものでドライアイ用の目薬が望ましいです。

しかし、市販の目薬は自己判断となってしまうので、一度は病院受診して正確な目薬を処方してもらうのがベストです。

食事

▪アントシアニン:目の網膜にあるロドプシン(タンパク質)の再合成を促し、暗いところでの視力を改善させる
(ブルーベリー、黒ゴマ)

▪ビタミンA:ロドプシンの原料、粘膜の潤いを保つ
(ホウレン草、人参、わかめ)

▪ムチン:涙の質をよくする
(納豆、オクラ、さといも)

▪ビタミンC:目の粘膜を保護する作用
(ブロッコリー、いちご、柑橘系)

▪ビタミンB群:目の筋肉の疲労を和らげたり、視神経の働きを助けたりする
(豚肉、納豆、青魚、卵)

▪ビタミンE:血行を良くする、細胞の老化を防ぐ
(イカ、エビ、大豆、さつま芋)

ストレスをためない

ストレスを解消することで、血行が良くなり、ホルモンバランスが整い、目の潤いを取り戻す効果につながりますので、自分流のストレス解消法を見つけましょう。

自分はドライアイかな?セルフチェック

最近目の調子が良くないという方も、自分ではドライアイを意識していない方も、セルフチェックしてみましょう。

下記のリストに5つ以上当てはまった方は、ドライアイかもしれません。
お近くの眼科受診をお勧めいたします。

☑ 目の疲れが取れない

☑ 目や目の奥が痛い

☑ 目が充血する

☑ 目がピクピクと痙攣する

☑ 目がかゆい

☑ 光を見ると以前よりまぶしく感じる

☑ 目がしみる

☑ 物がぼやけて見える

☑ 目が重たい感じがする

☑ 10秒以上まばたきしないで目を開けていられない

☑ 理由もなく涙が出る

☑ 目がゴロゴロと異物感がある

☑ 目がショボショボする

まとめ

当たり前のように毎日目を使います。

疲れの度合いをゲージで確認することもできませんので、こうしてトラブルがあった時に初めて、目の酷使に気が付きます。
ドライアイは、疲労が原因で休息が治療です。

大切な部分だからこそ、大事にいたわってあげる時間が必要です。

日常生活でほんの少しだけの配慮で、大きな改善が期待できるのがドライアイです。
しっかりと予防と対策を行って、きれいな瞳を維持しましょう。

監修

・総合診療医 院長 豊田 早苗

・総合診療医 院長 豊田 早苗

専門分野 
総合診療医

経歴
鳥取大学医学部医学科卒業。2001年 医師国家試験取得。
2006年とよだクリニック開業。
2014年認知症予防・リハビリのための脳トレーニングの推進および脳トレパズルの制作・研究を行う認知症予防・リハビリセンターを開設。

資格
医師免許

所属学会:総合診療医学会、認知症予防学会

関連する記事

関連するキーワード

著者