はじめに

疲労回復にはにんにく注射が効くと良く聞くと思います。

しかし、にんにく注射って本当に効くの?注射した後、身体から臭うんじゃない?と躊躇っている方もいるのではないでしょうか?

今回はにんにく注射の疑問を徹底的に調べてみました。

にんにく注射とは

にんにく注射というのは、にんにくのエキスを注射するわけではなく、にんにくの成分に含まれている身体が疲労している時の栄養補給に効果的なビタミンB群、ビタミンCを効率良く、効果的に配合した注射の事をいいます。

特にビタミンB1は精神的なビタミンという別名がある位で、このビタミンが体内に多い方は穏やかな性格といわれているんですね。

元々、にんにく注射はスポーツ選手がビタミンB1の持つ炭水化物を代謝させる作用に着目して、スポーツを行う時のパフォーマンス力の向上を目的に使われたのが発端となって、浸透したものなんです。

現在では一般にも広く知れ渡り、仕事で多忙で休めない芸能人を始めとして、様々な理由で一般の方にも人気があるものです。

にんにく注射の効果

にんにく注射の効果は疲労の回復に効果が高いというのは、何となく知っている方も多いと思います。

しかし、それ以外にも様々な症状に効果があります。

疲労・肩や全身の凝り

にんにく注射は何と言っても疲労の回復に良く効きます。

激しい疲労を感じている時や、身体の様々な部位に懲りを感じている時、身体の中に疲労物質である乳酸が溜まってしまっているんですね。

この乳酸を身体の外に排出される為の成分がにんにく注射に含まれているんです。

二日酔い

飲酒するとアルコールは肝臓で処理して体外に排出されます。

この肝臓の機能が凄く大事です。

二日酔いはアルコールに含まれているアセトアルデヒドという成分が上手く分解されず、頭痛や胸焼け、吐き気といった症状を引き起こしてしまいます。

そして二日酔いの時ににんにく注射を打つと、肝臓を保護してくれたり、肝機能の働きを促してくれます。

にんにく注射を打つ事で、足りなくなっているビタミンを補給し、肝機能を正常に戻す手助けが出来ます。

風邪

風邪をひいてしまった時に処方されるアリナミンFの主成分は、ビタミンB群の誘導体です。

つまり、風邪薬に似た役割のあるにんにく注射を静脈に直接注入する事になります。

静脈に直接注入するという事は、血液に乗って薬物は早く、身体に浸透していきます。

それにより、内服薬よりも早く効いてくれるという事です。

その他の効果

疲労回復、全身の凝り、二日酔い、風邪の他にもにんにく注射には様々な効果を期待出来ます。

・肌荒れの予防
・美白
・冷え性
・頭痛
・不眠

にんにく注射の効果はどれくらい続くの?

にんにく注射の持続時間は一般的に3日位とされています。

しかし、これはあくまでも目安です。

にんにく注射の持続時間には個人差が大きく、長い方になると1週間位、効果が持続する場合もあります。

にんにく注射を行う所要時間は、普通の静脈注射ですので、5分程で終わります。

そして注射を施行して貰う頻度ですが、理想は1週間に2~3回位です。

なぜかというと、にんにく注射は主にビタミンB群、ビタミンCが配合されていて、これらは身体の中に長く留まる事が出来ずに排泄されてしまうからです。

その為、効果を持続させたい場合は、これくらいの頻度で注射を受ける必要があります。

にんにく注射の費用はいくらかかるの?

にんにく注射を実施してくれるのは、主に内科、美容外科、美容皮膚科です。

ただ、ここで注意して頂きたいのは、美容外科や美容皮膚科で行った場合、自費負担になる可能性があります。

したがって、にんにく注射をしようと思ったら、事前にどれくらい費用がかかるのかを問い合わせてから病院に行く事をお勧めします。

にんにく注射の具体的な費用は病院やクリニックによって異なります。

また、にんにく注射と一口に言っても、配合成分の違いによって費用は変わってきます。

一般的なにんにく注射の場合、一度の施行で大体、2000円~5000円が相場になっています。

ただし、同じ病院やクリニックであっても、配合成分によって費用が違う事を念頭に置いておきましょう。

にんにく注射はにんにくの臭いがするの?

にんにく注射と聞くと、名前ににんにくと入っているので、にんにくの臭いがするの?体臭がにんにく臭くなったらどうしようといった不安や疑問を抱く方も多いと思いますし、それが心配で躊躇う方もいるでしょう。

しかし、にんにく注射は、にんにくのエキスが入っているわけではなく、ビタミンB群やビタミンC等を含む総合栄養注射です。

にんにく注射はビタミンB群を構成している成分に含まれている硫化アリルという成分がにんにくの臭いを持っていて、これが理由でにんにく注射と呼ばれています。

ただし、にんにく注射をした際に、にんにく臭さを感じる場合があります。

でもこのにんにく臭さは一時的なもので、身体中に残るわけではないので、息が臭くなったり、体臭がにんにく臭くなる心配はありません。

にんにく注射って副作用はあるの?

即効性が高く、疲労の回復、二日酔い、風邪等に効果のあるにんにく注射は、ビタミンB群やビタミンCが主成分です。

ビタミンB群やビタミンCは水溶性のビタミンですので、長時間体内に留まる事はありませんので過剰摂取してしまっても身体に蓄積される事はありません。

逆を言えば、時間が経てば、にんにく注射の成分は体外に排出されてしまうので、一度打ったからといって疲労や身体の不調が無くなってくれるわけではありません。

つまり、にんにく注射による副作用が健康に害を及ぼす事はありません。

ただし、にんにく注射には硫化アリルというにんにくの臭いの成分が含まれていて、注射する時に強烈な臭いを発します。

その為、注射した直後に軽度の吐き気を感じたり、胸が苦しくなる場合もあるようです。

しかし、臭いは注射が体内に浸透していく内に消失しますので、心配いりません。

まとめ

にんにく注射についてよく理解できましたか?

にんにく注射はにんにくのエキスを注入するわけではなく、ビタミンB群やビタミンC等を配合した総合栄養注射です。

にんにく注射の効果として疲労の回復、全身の凝りの改善、二日酔い、風邪等に効果があります。
何をしても疲れがとれない方や二日酔いが酷い方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

ただ、にんにく注射の費用は病院やクリニックによって違いがありますので、事前に調べてから受診しましょう。



監修

・救急医、内科医 増田陽子

・救急医、内科医 増田陽子

専門分野 
微生物学、救急医療、老人医療

経歴
平成18年 Pittsburg State大学 生物学科微生物学・理学部生化化学 卒業
平成22 年 St. Methew School of Medicine 大学医学部 卒業
平成24年 Larkin Hospital勤務
平成26年 J.N.F Hospital 勤務

資格
日本医師資格
カリブ海医師資格
米国医師資格

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@