はじめに

日差しが強い日に、散歩やドライブだけで疲れてしまって、体力が落ちたのかな?年齢的なものなのかな?と悩んでいるかたもいるのではないでしょうか?

その疲れは体力の低下や年齢のせいではなく、紫外線を浴びたからなのかもしれません。では、どうして紫外線を浴びるだけで疲労してしまうのでしょうか?

紫外線を浴びるだけで疲労が溜まる事ってあるの?

我々、人間の皮膚の一番外気に触れる表皮には、皮膚の免疫を担うランゲルハンス細胞があります。ランゲルハンス細胞には皮膚に侵入してきた異物を察知する能力があります。しかし、太陽からの紫外線を浴びてしまうと、ランゲルハンス細胞が弱ってしまいます。

ランゲルハンス細胞が正常な状態であれば、リンパ球に異物が侵入してきた事を伝達して、免疫システムを作動させますが、紫外線によってランゲルハンス細胞が弱ってしまうと、免疫システムが上手く作動しなくなってしまいます。

そして免疫力が落ち、疲労を感じやすくなってしまうのです。

また、太陽から紫外線を浴びると、身体の自己防衛が働き、活性酸素が発生します。活性酸素は免疫機能の一部として、身体に侵入してきた細菌やウイルスをやっつけるのですが、増え過ぎてしまうと活性酸素が正常な細胞まで攻撃してしまいます。それにより疲労物質が身体の中に溜まってしまうのです。疲労物質が身体に溜まると、勿論、疲労は身体に蓄積します。

だから紫外線を浴びると疲労してしまうのですね。

紫外線が強くなるのは、1日の中で正午頃、1年の中では6~8月に強くなると言われています。

紫外線による疲労の予防

紫外線の予防としては、日焼け止めのクリームやローション、UV効果のあるパウダーといったスキンケア用品、帽子、UV加工されている羽織物やアームカバー、日傘等が挙げられます。

そして、紫外線から疲労を予防する為に欠かせない部位は目です!紫外線による疲労を予防するポイントは目だと言っても過言ではありません。目に紫外線を浴びると、目の充血やドライアイ、眼精疲労等の原因になってしまいます。

また、瞼裂班(けんれつはん)や翼状片(よくじょうへん)、白内障等、様々な眼病のリスクの原因にもなります。

そして、紫外線を浴びて目にダメージを負ってしまうと脳が「日差しが強い」と認識してしまい、全身にメラニン色素を作るように指令を出してしまうという研究結果もあるんです。

目の日焼けによる眼病を予防する為には、目に紫外線を浴びない事がポイントです。その為には、サングラス等が一番のアイテムになりますので、UV加工されている物を選ぶようにしましょう。

紫外線による疲労の解消法

紫外線による疲労はどうやって解消すれば良いのでしょうか?紫外線を浴びるという事は、目や肌が日焼けしてしまっている状態です。肌は日焼けによって乾燥してしまっている可能性が高いので、肌の潤いを回復させる為に水分をいつもよりも多くとる事が大事です。

また、肌を早く回復させる為にはアフターケアを入念に行う必要があります。日焼けしてしまっていると肌は敏感になっていて弱っています。そこにまた日焼けをしてしまうと、ますます紫外線が肌に浸透してしまい、奥にある細胞にもダメージを与えてしまう可能性が高くなります。

それを避ける為には、早くケアをして回復させて、健康的な肌を取り戻すのが第一です。肌を回復させる為には、サングラスの着用やUVカットする洋服を着る等の対策をし、ダメージを負った肌に保湿剤を塗ってアフターケアをして下さい。

紫外線による疲労解消に効果的な食事

保湿等を行って身体の外側から対処する方法と平行して行って貰いたいのが、紫外線による疲労解消する食べ物の摂取です。

身体の外側からのケアだけではなく、身体の中からもケアを行う事を忘れてはなりません。紫外線による疲労に効く食べ物を栄養素別にご紹介します。

ビタミンB群

ビタミンB群は疲労回復の他に代謝を促す役割があります。

そして、ビタミンB群が豊富に含まれている食品は何といっても豚肉です。動物性たんぱく質が多く含まれているので、ストレスや疲労によってダメージを受けた細胞を修復してくれる働きがあります。疲労を感じている時は積極的に摂取して欲しい食品です。

豚肉を使った料理は沢山あるので、メニューにもバリエーションが生まれます。豚肉の冷しゃぶやポークソテー、野菜炒め、しょうが焼き等です。

また、豚肉以外にも豚、牛、鶏のレバーやウナギ、カツオ、マグロ等もビタミンB群が多く含まれていますので、上手く食事に取り入れましょう。

亜鉛

亜鉛は身体の中に溜まった活性酸素を除去する働きがあります。

また、新陳代謝を助け、血流を良くする働きもあるのです。それにより老廃物が流れやすい状態になり、疲労の回復に繋がります。亜鉛を多く含む食品として一番良いのは牡蠣ですが、牡蠣は季節物ですし、手に入りにくい季節もあります。

牡蠣の他に亜鉛を多く含む食品としてはウナギや焼き海苔、大豆製品、シジミ等が挙げられます。

その中で安価で一番手に入りやすくお勧めの食品は、焼き海苔と大豆製品です。焼き海苔はおにぎりに巻いたり、海苔弁に出来ますし、大豆製品はお味噌汁にお豆腐を入れたり、油揚げを入れると簡単に摂取できます。

大豆製品には納豆や豆乳等もあるので取り入れやすいのではないでしょうか。

マグネシウム

マグネシウムは人の細胞や骨といった様々な部位に存在しているミネラルです。日焼けして発汗すると、汗と一緒に身体の中の水分やマグネシウムが流れてしまいます。そうすると血液の循環が上手く出来なくなり疲労します。

マグネシウムは種実類に多く含まれています。ゴマやアーモンド、ピーナッツ等のナッツ類、大豆製品やシジミにも沢山含まれているのです。大豆製品やシジミは亜鉛も多く含まれているのでお勧めです。

まとめ

紫外線を浴びると皮膚の免疫を担うランゲルハンス細胞が弱ってしまい、それにより免疫力が低下して疲労が溜まってしまいます。

また、疲労が溜まると活性酸素が身体に作られ過ぎてしまって、正常な細胞も攻撃してしまい、疲労物質が溜まってしまうのです。

紫外線の疲労を予防する為には、特に目の予防が大事になりますので、UV加工がされているサングラスの着用をお勧めします。

紫外線による疲労回復を行う為には、早めに肌への潤いを取り戻し、保湿等を行い、紫外線から目や皮膚を守りましょう。

紫外線による疲労回復のポイントは食事にもあります。

ビタミンB群、亜鉛、マグネシウムを多く含む食品を積極的に摂取しましょう。

監修

・総合診療医 院長 豊田早苗

・総合診療医 院長 豊田早苗

専門分野 
総合診療医

経歴
鳥取大学医学部医学科卒業。2001年 医師国家試験取得。
2006年とよだクリニック開業。
2014年認知症予防・リハビリのための脳トレーニングの推進および脳トレパズルの制作・研究を行う認知症予防・リハビリセンターを開設。

資格
医師免許

所属学会:総合診療医学会、認知症予防学会

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@