はじめに

冬にブーツを履くとき、多くの人が抱えるのがニオイの問題です。きちんと足を洗っていてもなぜかニオイが取れないことがあります。

ニオイを予防するには、当然きちんとした足のケアは大事なのですが、実は靴の選び方も大切です。本記事では、足が臭う原因とその対策を解説します。

ぜひ今季のブーツのニオイ対策の参考にしてみてください。

こんな靴はニオイやすい!

足の臭いがきつくなる理由は蒸れて雑菌が繁殖することです。
靴の種類によって蒸れやすい・蒸れにくいがあり、同じブーツでも本革のブーツより合皮のもの方が蒸れやすいのです。

蒸れやすい順番は以下の通りです。
裸足⇒サンダル⇒スニーカー⇒本革の靴⇒ハイヒール⇒合皮の靴

サンダルやスリッパは当然隙間が大きいから蒸れません。
また、布製の靴も蒸れにくいです。これは布繊維に隙間があり、湿気が逃げやすいためです。

一方で一番蒸れやすくいのが合皮の靴で、最もニオイもつきやすいです。

それには理由があります。本革の靴は毛穴が空いているため、通気性が良いですが、反対にゴム・合皮の靴は空気を通しません。そうなると熱がこもりやすくなり、蒸れてしまいます。

このように蒸れない靴を知っておけば、ニオイ対策もしやすくなります。

例えば、通勤するときは革靴を履いていても、職場についたらサンダルやスリッパに履き替えるなどの対処ができます。

きれいに洗ったのに足が臭う原因

足を洗ったのになぜかニオイが取れないということもあります。
こういう場合どんな原因が考えられるのか、見てみましょう。

溜まった角質

お風呂に入ってしっかり足を洗うだけでは、なかなかニオイが取れないこともあります。
この場合かかとなどに角質が溜まっており、ニオイの元となっている可能性が大きいです。定期的に市販の角質除去ヤスリなどで削ると良いでしょう。

伸びた爪

手の爪はきちんと切っているけど足はおろそかというになっていませんか?
爪が伸びると垢が溜まってしまいます。他にもゴミや菌が発生することもありニオイの元となります。こまめに爪を切りましょう。

靴の手入れをしていない

足のケアだけしていても靴の環境が悪ければ、菌が繁殖しやすくなり、ニオイも発生しやすくなります。そのため、靴もきちんとメンテナンスする必要があります。
一日履いただけでも靴は多くの汗を吸収しています。靴の中に汗を吸収するインナーソールを入れて対処しましょう。

水虫

水虫は、高温多湿の環境で菌が繁殖することでかかってしまいます。水虫になるとニオイを発生しやすいです。

内臓疾患

内臓疾患があると体の免疫が落ちやすくなり、菌が繁殖しやすくなってしまいます。
菌が増えれば足もニオイ当然強くなります。一説によると糖尿病の初期段階に足や口を含む体が臭うことがあるようです。

ニオイを抑える対策

靴を脱いだときに周りの人に迷惑をかけないために、事前のニオイ対策が大事です。

蒸れにくい靴下を履く

綿100%の靴下は吸収性に優れていますが、汗を吸っても放出してくれないので蒸れやすくなります。
おすすめは綿にウール・シルクなどが混じった混紡の靴下です。吸収性だけでなく、放出もしてバランスをとれるので重宝します!

ストッキングを履き替える

一日2から3回ストッキングを替えるのがおすすめです。履き替えの回数が増えれば増えるほど、靴の湿気は抑えられるのでニオイ防止につながります。

毎日同じ靴を履かない

毎日同じ靴を履いていると湿気から雑菌が繁殖し、ニオイの原因になります。
1週間に2〜3回靴を替え、履かない靴は屋外で陰干しておくと良いでしょう。

脱臭剤を使う

市販の脱臭剤を靴の中に入れておくとかなりの効果が得られます。

場所によって靴を変える

上の方でもお話ししましたが、通勤のとき以外の屋内ではスリッパ・サンダルを履くようにしましょう。雑菌を繁殖させないためにはできるだけ靴を乾燥させる時間が必要です。

疲れを溜めない

疲労臭という言葉があります。読んだ通り、疲労が溜まったときに出る体臭のことです。
体臭の原因は汗と考えがちですが、本来汗は無臭です。汗に含まれる皮脂のような分泌物が、皮膚に雑菌を繁殖させます。これが汗臭くなるメカニズムです。

疲労臭を防ぐには、不規則な生活をやめ、ストレスや疲れを溜めずにリラックスすることが大事です。

まとめ

足のニオイの原因と対策はお役に立ったでしょうか?
ブーツを選ぶときは、少し値段は張りますが本革のものを履くようにしましょう。また、こまめに足やブーツを清潔にする必要があります。

今回ご紹介した対策は、今日から始められるものばかりなので、ぜひお試しください。

監修

・救急医、内科医 増田 陽子

・救急医、内科医 増田 陽子

専門分野 
微生物学、救急医療、老人医療

経歴
平成18年 Pittsburg State大学 生物学科微生物学・理学部生化化学 卒業
平成22 年 St. Methew School of Medicine 大学医学部 卒業
平成24年 Larkin Hospital勤務
平成26年 J.N.F Hospital 勤務

資格
日本医師資格
カリブ海医師資格
米国医師資格

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@