はじめに

巷ではたくさんのクレンジング商品が販売されています。あまりにも種類がたくさんあり、どれを使うか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

今回は数あるクレンジングの中でも、リキッドクレンジングを取り上げます。

リキッドクレンジングの魅力や使い方を学びましょう。

リキッドクレンジングとは

クレンジングにはリキッド、クリーム、ジェルなど様々な種類があります。

リキッドクレンジングはトロッとしたオイルクレンジングとは違い、さらっとした質感です。メイクになじませた後は水やぬるま湯などで洗い流して使います。

クレンジングの種類

クレンジング剤にはタイプごとに特徴があります。

ここでは代表的なクレンジングのメリット・デメリットを見ていきましょう。

リキッドクレンジング

今回メインとしてご紹介しているリキッドクレンジングです。

リキッドクレンジングはオイルクレンジングの次に洗浄力が高く、しっかりメイクをする方におすすめです。

ただし、洗うときに注意をしないと摩擦で肌を傷つけてしまう可能性もあります。

オイルクレンジング

界面活性剤が多く含まれているため、強力な洗浄力があり、濃いメイクやウォータープルーフのメイクを落とすのに向いています。

また、油や皮脂が溜まりやすいTゾーンの洗顔に効果的です。

しかし、使用後に乾燥しやすいため、肌が弱い人が使うと肌トラブルのもとになる可能性があります。

クレンジングクリーム

クリーム状のクレンジングです。

クリームがクッションとなり、洗顔のときの摩擦を軽減することができます。

また、使用後も肌の潤いを失わないので、乾燥肌の方でも安心して使うことができます。

デメリットとしては、界面活性剤が少いため、洗浄力に欠けるところです。濃いメイクは落としきれないため、向きません。

クレンジングジェル

クレンジングジェルはジェル状なので伸ばしやすく、扱いが簡単です。

濡れた手でも使うことができるので、お風呂場でも洗顔をすることができます。

オイルインとオイルフリーのタイプがあり、オイルインタイプは濃いメイクを落とすことができ、オイルフリータイプは肌の負担が少なく、ナチュラルメイクの方におすすめです。

しかし、オイルインタイプは肌の乾燥が起こりやすく、オイルフリータイプは洗浄力が弱いため他のクレンジングとの併用が必要というデメリットがあります。

リキッドクレンジングの魅力

様々なクレンジングがある中でリキッドクレンジングにはどのような魅力があるのでしょうか?

クレンジングは種類により洗浄力が違います。一般的に一番洗浄力が高いのはオイルクレンジング、それに続くのがリキッドクレンジングと言われています。
そのため、リキッドファンデーションやウォータープルーフ処方の日焼け止め、濃いメイクや崩れにくいメイクを落とすのに向いています。

オイルクレンジングよりもさらっとした使用感なので、ベタつかないことも魅力的です。

リキッドクレンジングの使い方

クレンジングは正しく使わないと肌を傷つけたり、肌荒れの原因となることもあります。

ここではリキッドクレンジングの使い方のポイントをご紹介します。

〔優しくなじませる〕

リキッドクレンジングは泡がないため、手による摩擦が発生して肌に負担がかかりやすくなります。
それを極力防ぐために、なじませる時は顔全体に優しくなじませて、汚れを浮かせるようにしましょう。

〔できるだけ短時間で〕

あまり長い時間をかけてクレンジングをすると、肌に必要な油分まで奪ってしまいます。
汚れを浮かせたら、素早く洗い流すようにしましょう。

特に落としにくいアイメイクやリップなどはあらかじめ落としてから、リキッドクレンジングで顔全体をクレンジングするとよいでしょう。

〔メイクの濃さに合わせて〕

リキッドクレンジングはオイルクレンジングに比べて界面活性剤が多く含まれています。
界面活性剤は肌に必要な油分や保湿成分を洗い流してしまうこともあるので、薄いメイクの時には使わないようにしましょう。

部位や肌の状態に合わせてクレンジング方法を変えるのも良いでしょう。

まとめ

リキッドクレンジングは洗浄力が高いので、しっかりメイクを落とすのにおすすめです。

しかし、正しい使い方をしなければ肌荒れの原因になってしまうこともあります。
メイクや肌の状態に合わせて使い分けるなど工夫をしましょう!

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@