はじめに

出産してから体型が変わった、腰痛が改善されない等、身体の思わぬ変化に悩んでいるママさんは多いのではないでしょうか?

それは骨盤の歪みが原因かもしれません。

今回は産後に骨盤が歪む原因やそれによって出現する症状、産後の骨盤矯正についてご紹介していきます。

産後に骨盤が歪む原因

女性が妊娠するとリラキシンという産道が開く為に骨盤の靭帯を弛緩させ、骨盤を開きやすくするホルモンが分泌されます。

出産して開いてしまった骨盤は、本来であれば産後3~4ヶ月かけて徐々に元に戻るようになっています。

しかし、妊娠中や普段から足を組む、横座り、片方の腕や肩で荷物を持つ産後に胡坐をかいて授乳する等の姿勢でいると骨盤が閉じる時にゆがみが生じ、元に戻らなくなってしまいます。

これが産後の骨盤の歪みの主な原因になります。

産後の骨盤の歪みによって出現する症状

身体の中心にある骨盤が歪んでしまうと筋肉のバランスが崩れてしまい、血行不良を招いてしまい、冷え性になってしまったり、新陳代謝が低下してしまいます。

また、骨盤が脊柱に繋がっていて、そこには様々な部位に伝達を送る神経が沢山通っています。

骨盤が歪んでしまうと、脊柱にも歪みが生じてしまい、坐骨神経痛が出現してしまったり、肩こりや腰痛を引き起こすだけではなく、深刻な場合、手足の痺れ等も現れてしまいます。

こうなってしまうと日常生活にも支障が出てきてしまうかもしれません。
そして骨盤の中には大事な臓器も沢山あります。

骨盤が歪むと大事な臓器が下に下がってしまうんですが、これらが元の正常な位置に留まろうとして下腹部に脂肪を溜め込んでしまい、肥満に繋がってしまいます。

つまり、骨盤が歪むと筋肉の強弱が偏ってしまい、柔軟性がなくなってしまうので身体のあらゆる部位にトラブルが起こってしまいます。

産後の骨盤矯正の効果とは

骨盤が正しい位置に戻ると身体の筋肉のバランスが整います。
これによって全身の血行も良くなり、筋肉がきれいに付いてくれるので新陳代謝がアップし、ダイエットにつながります。

産後はどうしても体重が増えてしまっているママさんが多いですので、嬉しい効果ではないでしょうか。
産後ダイエットは出産してから6ヶ月が勝負と言われていますので、この機会に余分な脂肪も落としてしまいましょう。

また、骨格や筋肉が整いますので、便秘や冷え性、浮腫み等の身体の変調も改善されていきます。
そして美容においても身体の中心から整うので、妊娠や出産で崩れてしまったプロポーションも整う等の効果も期待出来ます。

産後の骨盤矯正はいつからいつまで?

出産した関係で産後の女性の骨盤付近にある靭帯はとても柔らかく、しなやかになっています。
つまり柔らかくなっている時期が骨盤矯正のチャンスです。

この靭帯が柔らかくなっていてくれる期間は大体、出産してから6ヶ月と言われています。
何故6ヶ月かといいますと、産後6ヶ月を過ぎてしまうと柔らかくなっていた靭帯や筋肉が固まってしまって矯正するのが大変になってしまいます。

特に骨盤の歪みが酷い方になると、固まってしまってから矯正するのは凄く大変になります。
そうなる前に手を打つ事が大事ですので、出産したら早めに骨盤を矯正する事を強くお勧めします。

ただし、産後1ヶ月は出産という大きな仕事を終えて、ママさんの身体は凄く疲れている状態ですし、まだ悪露等もある時期です。

この時期は身体の回復を最優先させ、無理をせずに体調と相談しながら、また専門医のアドバイスも参考にして、出来る事から始めましょう。

早く元の体型に戻りしたいと思う気持ちも分かりますが、焦って無理を重ねると体調の回復に影響してしまいます。

産後の骨盤矯正の方法は?

産後の骨盤矯正には色々な方法があります。
ただ産後の体調回復も凄く大事なので、無理の無い程度の軽いものから始めるのがベストです。

1.骨盤ベルトや産後ガードル等を使用する

最近は様々な種類の骨盤ベルトや産後ガードルが市販されています。
中には妊娠中から使用出来る物、出産の有無に関係なく幅広い年齢層に使用出来る物等があります。

骨盤矯正ベルトは出産して一番早く始められるメリットがあります。
骨盤ベルトやガードルを選ぶポイントとして産後の時期に合った物を選ぶ事が大事になります。

産後間もないのに強く締め過ぎるベルトやガードルは血行が悪くなってしまったり、トラブルを起こす等、身体に思わぬダメージを与えてしまいかねないので注意が必要です。

また、ガードルやインナー等は、ベルト程の効果は期待出来ません。
骨盤を矯正するガードルやインナーは外出等の時にプロポーションを保つためという程度という意識で使用しましょう。

骨盤ベルトとガードル等を上手く組み合わせて使用するのがお勧めです。

2.プロの施術を受ける

整体やカイロプラクティックで骨盤矯正を行ってくれるところもあります。

しかし、ここで注意して欲しい事は、日常生活からくる骨盤の歪みを矯正するのと、出産して開いてしまった骨盤を締める骨盤矯正は違うという事です。

事前に確認し、出産後の矯正を行ってくれるお店を探すようにしましょう。
またお店によって骨盤の矯正する方法が違い、なかには全く痛みを伴わないソフトな方法で施術を行ってくれるお店もあります。

その為、プロに骨盤矯正を行って欲しいと思ったら、まずはそのお店の口コミや評判等を地チェックして自分に合ったお店を選ぶようにしましょう。

まとめ

産後に骨盤が歪む原因は、産道が開いて出産するからです。
普段の姿勢からも骨盤は歪んでしまうので注意して下さい。

骨盤が歪んでしまうと身体のあらゆる部位に変調を感じるようになります。
産後の骨盤矯正は出産後、6ヶ月までが勝負だと思いましょう。

骨盤の位置が正常に戻る事で、身体も健康に戻ってくれます。
ただし、出産して1ヶ月位は身体に出産によるダメージが残っていますので専門医にも相談しながら骨盤の矯正を始める時期を決めて下さい。

無理をすると産後の回復が遅れてしまいますので無理は禁物です。
骨盤を矯正する方法は沢山ありますが、産後は骨盤ベルトから始め骨盤の歪みをなくしていきましょう。

監修

・救急医、内科医 増田陽子

・救急医、内科医 増田陽子

増田陽子さん
・救急医、内科医
専門分野 
微生物学、救急医療、老人医療

経歴
平成18年 Pittsburg State大学 生物学科微生物学・理学部生化化学 卒業
平成22 年 St. Methew School of Medicine 大学医学部 卒業
平成24年 Larkin Hospital勤務
平成26年 J.N.F Hospital 勤務

資格
日本医師資格
カリブ海医師資格
米国医師資格

関連する記事

関連するキーワード

著者