はじめに

豊胸手術は有名な整形のひとつですが、豊胸手術について正しい基礎知識を持っていますか?
豊胸手術をする前に知っておきたい知識はたくさんあります。

今回は、そんな手術前に必ず知っておきたい豊胸手術の基礎知識についてまとめました。
豊胸手術を検討している方は参考にしてみてください!

豊胸手術の種類と方法

豊胸手術の種類は大きく分けて3種類です。一つは脂肪を注入する方法、もう一つがシリコンや生理食塩水などの異物を挿入する方法、そして三つ目がヒアルロン酸を注入する方法です。

脂肪注入による豊胸は、腹部や背部といった部位の脂肪を用います。
シリコンや生理食塩水を入れているバックの挿入は外科的手術が必要になります。
ヒアルロン酸の注入は身体への負担が小さくて済みます。

豊胸手術の効果

3種類の豊胸手術の効果は様々です。

脂肪注入法は自分の脂肪を注入する方法です。注入した脂肪の全てが定着するわけではありません。そのため、施術を受けた直後は大きかった胸が小さくなってしまうということが生じます。脂肪の定着は個人差があります。

シリコンバックによる豊胸は体内に吸収されることがないので、施術を受ける方が希望する大きさの胸にすることが出来ます。しかし、人工物を入れるためからだへの負担は大きいです。

ヒアルロン酸注入による豊胸は、ヒアルロン酸を注入することで胸を大きくします。ヒアルロン酸は人体への害がほぼありませんが、時間とともに体内に吸収されてしまいます。そのため、理想とする胸の形を持続し続けることはできません。

豊胸手術するクリニックの選び方

豊胸手術には大きく分けて3種類の方法があることを前述しました。では、豊胸手術を受けるクリニックを実際どのようにして選べばよいのでしょうか。

豊胸施術を行っているクリニックはどれも同じと思っている方もいるかもしれません。しかし、実は違います。クリニックによって実績が多いまたは、得意とする分野が異なります。

例えば、豊胸と言えば永遠に続くバストという思考が強いクリニックではシリコンバックによる豊胸の施術が多くなります。また、効果は個人差が多くてもやはり異物より個人の脂肪との思考が強ければ脂肪注入による施術が多くなります。その他にも、効果は一時的だけど施術を受ける方の身体的負担を考えるとヒアルロン酸が良いという考えもあります。

まずは、施術を受けるあなたがどのようにして豊胸したいかを明確にすることをお勧めします。漠然としていて決まらないという方はクリニックで行われている無料相談で相談をしてみてはいかがでしょうか。相談をしたからと言ってそのクリニックで施術を受けなければならないわけではないので、自分がどうしたいのかを決める手段として活用してはいかがでしょうか。

どのように豊胸したいのかが決まったら次は信頼できる医師を探しましょう。施術を受けるにあたって医師との信頼関係はとても大切です。

豊胸手術の費用と期間

どの豊胸手術であっても施術にかかる時間は1日です。しかし、施術を受ける前のカウンセリングの回数や施術後のフォローアップはクリニックによって異なります。一般的には施術前に2回程度のカウンセリングと施術後のフォローアップ2回程度が多いようです。

豊胸手術にかかる費用もクリニックによって様々です。

脂肪注入法は20万~150万と差が大きくなっています。その理由は、採取した脂肪の処理方法の違いによります。脂肪の不純物の取り除くコンデンス法や脂肪に幹細胞を混ぜる方法では施術費用が高くなります。

シリコンバック挿入の費用は、20万~90万程度が相場と言われています。

ヒアルロン酸注入は、ヒアルロン酸の使用量で異なります。10mlで3万~4万程度が一般的です。希望するバストのサイズによって注入量が異なりますが、大よそ20万~70万程度かかることがおおいです。

全ての施術で言えることは、施術にかかる費用の提示の仕方がクリニックによって異なるということです。費用の中に麻酔や使用する衛生材料などを全てを盛り込んでいるクリニックもあれば、提示している費用を手技量とし考えて別途に麻酔や衛生材料を請求するところもあります。

豊胸手術の痛みと副作用

豊胸手術の痛みと副作用は受ける施術によって異なります。

いずれ体内に吸収されてしまうヒアルロン酸注入は注射で行います。ふくらみを持たせた箇所に注射によってヒアルロン酸を注入します。人体に害が少ないヒアルロン酸であるといっても異物を注入しますので1週間程度は痛みが続きます。

脂肪注入法は自分の脂肪を採取し注射します。脂肪を注入する胸部は注入を行うので痛みは1週間程度です。しかし、脂肪を採取する部位は傷口は小さいのですが、皮下脂肪を広範囲に採取するため痛みは1か月ほど続くと言われています。

シリコンバック挿入法は外科的手術を行います。痛みは2~4週間程度です。

豊胸手術の失敗例

豊胸手術をしたいと思っても一番気になるのは失敗ではないでしょうか。豊胸手術での失敗とはいったいどういったことなのでしょうか。

ヒアルロン酸注入での失敗例はしこりです。ヒアルロン酸は体内に吸収されますが稀に残ってしまうことがあります。吸収されなかったヒアルロン酸がしこりとなります。個人差はありますが、しこりがあると痛みを感じることもあります。

脂肪注入での失敗もまたしこりです。定着しなかった脂肪は体内に吸収されます。しかし、時に吸収されないでしこりとなってしまうことがあります。その他に、脂肪を採取した場所がでこぼこしてしまい、ボディーラインが崩れてしうというケースもあります。

シリコンバッグでの失敗での症状は様々です。シリコンバック周囲にできてしまう被膜が厚く固くなってしまうことで胸が固くなってしまったり変形してしまうこともあります。その他にバッグがずれてしまうことや破損などもあります。稀に腕をあげると突っ張る感じあったり痛みを生じることもあります。

その他には、どの施術を受けるにしても共通する失敗は感染症です。

終わりに

豊胸を希望してもなかなか一歩を踏み出せない方も多いと思います。豊胸にはいくつかの方法があります。クリニックで行われている無料カウンセリングや相談を活用して自分に合った施術法を決めるとよいかもしれません。希望する施術方法が決まったら、どこで施術を受けるかクリニック選びになります。ご自分にあったクリニックを選んで、満足のいく豊胸手術をしてください!

監修

・総合診療医 院長 豊田早苗

・総合診療医 院長 豊田早苗

専門分野 
総合診療医

経歴
鳥取大学医学部医学科卒業。2001年 医師国家試験取得。
2006年とよだクリニック開業。
2014年認知症予防・リハビリのための脳トレーニングの推進および脳トレパズルの制作・研究を行う認知症予防・リハビリセンターを開設。

資格
医師免許

所属学会:総合診療医学会、認知症予防学会

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@