はじめに

赤リップに挑戦したいけど自分に似合うか心配という方もいるはずです。赤リップは濃いイメージがあるため、抵抗のある女性も多いかもしれません。赤リップにはどのような効果があるのでしょうか。また、似合うためにはどのようなメイクが良いのか紹介します。

赤リップの長所

口紅にはいろいろな種類がありますが、赤リップにはどのような効果があるのでしょうか。色がはっきりしているため、つけ方によっては唇だけ浮いて見えてしまうことがありますが、長所もたくさんあります。

注目を集める

赤ははっきりとして存在感のある色なので、注目を集めることができます。しっかりと化粧をしている印象も与えるので、パーティーや大勢の人と会う時に活躍するでしょう。

年齢を操る

少し年配の方が赤リップをつけているのを見かけたことはありませんか?発色の良い唇は、年齢より若い印象を与えます。反対に若い方がつけると、大人っぽくセクシーな印象になります。

自信がつく

赤という色は、積極的でエネルギーにあふれたイメージをもつカラーです。仕事や人間関係などで悩んでいるときや、自信がないときに身につけると、自信がよみがえってくるように感じるでしょう。勝負事にも向いている色なので、ここ一番という時につけると成功につながるかもしれません。

色っぽさを出せる

赤は欲望を高めたり、興奮を促す色です。いつもと違った色っぽい雰囲気を出したいときにつけるのも良いでしょう。

赤リップが似合う人とは

赤リップはどんな女性でも似合うとは限りません。人には顔色のベースとなる色がありますが、顔色によって赤リップが似合うかどうか決まるのです。

赤リップが似合う人というのは、色白で大人っぽく、唇がやや厚めの方です。髪の毛の色も明るい茶系より、黒髪などのダーク系の方が似合います。
唇が厚い方が似合うのは、赤がはっきりした色で塗ったときに唇の形がはっきり出るためです。赤は色気のある色なので、幼い顔より大人っぽい顔立ちの方が良く似合うのは納得できるでしょう。

赤リップの塗り方

人気の赤リップですが、きちんとした塗り方をマスターすることで、より美しく、見栄えもよくなります。赤リップを魅力的に目立たせるために、最初に唇の色をパウダーで白くするのがコツです。では、塗り方をご説明します。

1)唇の色が白くなるようにパウダーを塗ります。唇の周りがくすんでいると感じたら、コンシーラーなどを使って整えます。
2)リップブラシを使って唇の輪郭を整えながら描きます。上唇のトップから口角にかけて描き、その後、下唇を描きます。唇が薄い方は、リップペンシルなどを使って輪郭より少し外側に向かって描くと、ふっくらとした印象になります。
3)線に沿って口紅を塗ります。
4)唇の真ん中にも色をのせて伸ばします。
5)仕上げに指で馴染ませます。こうすることで、ナチュラルなイメージになります。

赤リップに合ったトータルメイク

赤リップの存在感があるだけに、全体のメイクのバランスが悪いと唇だけが浮いて見えてしまいます。ここでは赤リップが引き立つメイクの方法を紹介します。

スキンケア

赤リップは色白の方が良く似合います。黄色みのある肌の方は、肌の調子を整えて艶のある肌を保つことで似合うようになります。

ファンデーション 

普段、パウダーファンデーションを使っている方でも、赤リップを塗る時はリキッドタイプのファンデーションを使うようにしましょう。リキッドタイプなら艶感が出て、マッドな赤リップが似合う肌質に近づくことができます。

チーク 

はっきりとした赤リップに対してチークを塗り過ぎると、厚化粧な印象になってしまいます。また、主役の赤リップの存在感も薄れています。チークはクリームタイプのものを薄めにつけるようにしましょう。そうすると、赤リップが引き立って見えるようになります。
色は同系色の赤やピンクなどがおすすめです。目の下にふんわりと入れると、トレンドの血色メイクに近づきます。大人っぽく、かっこよく仕上げたい場合は、チークを入れなくても大丈夫です。

アイシャドウ

アイシャドウはラメ入りやパールなど、光沢のあるものをつけるようにしましょう。色は薄めのピンクや茶色など、肌なじみのいい色がおすすめです。あくまでリップが主役で、アイシャドウは落ち着いた色にしましょう。

おすすめ赤リップ

赤リップにもいろいろなタイプがあるので、好みに合わせて選びましょう。工夫次第ではいつものメイクに加えることもできます。

オールインワンルージュ(リトルレディリュクス)

1本でリップカラー、グロス、ティント、保湿などの様々に役目を果たすリップです。伸びが良く、ナチュラルな赤みで初心者でも使いやすいでしょう。グロスの輝きで色っぽい印象も演出できます。

モイスチャールージュ(カネボウ)

なめらかに伸びて唇にしっとりと密着するので、潤いのある美しい唇を演出することができます。赤色のバリエーションも豊富なので、自分の肌色に合った一本を見つけられるでしょう。

コンフォートリップオイル(クラランス)

トリートメント効果のある美容液(オイル)で作られたリップです。艶やかでふっくらとした仕上がりになり、色気のある唇を実現できます。香り付きなのも女性には嬉しい魅力です。

おわりに

赤リップは大人の女性がつけるものと思われがちですが、つけ方によっては誰でも抵抗なく使用できる色です。赤色でもさまざまな種類や色があるので、自分の肌質や好みに合わせて購入するようにしましょう。また、赤色が似合うように普段からスキンケアを行うことをおすすめします。

活発で色気のある赤色リップを身につけて、自信を持ってお出かけしましょう!

関連する記事

関連するキーワード

著者

ケアくるLINE@