医師になろうと思ったきっかけ

 (34093)

きっかけとしては、祖父が医師だったということが大きなきっかけです。
私が小さい頃から医師という職業が身近な存在でしたので、とても影響を受けました。

自分ではあまり覚えていないですが、大きくなったら将来ドクターになると言っていたそうです。
そこから時を経て、本格的に医師を目指すようになりました。

形成外科を選んだ理由

 (34094)

私が医学生だった当時は、まだ現在のような卒後臨床研修制度がありませんでした。
大学を卒業した時点で、どの診療科に進むのか決まっていたんです。
ですので、どの診療科に進むのが良いのか、色々な診療科の先生のお話を伺いました。

形成外科は、自分の行った治療や患部の経過などが直接目に見えます。
患者様自身も目に見えて治るのがわかるので、その喜びもダイレクトに伝わるのが魅力だと感じ形成外科の道へと進みました。

医師として働いて数年経つと専門医と言って一通り専門分野を修めた者として、専門医試験を受けて資格を取得します。
形成外科の中にもさらに専門分野がいくつもあり、その中に美容外科が存在します。

あざをとったり、ほくろをとったりするのに今では当たり前になっているレーザー治療は昔から、形成外科の医師が多く使って治療をしてきた背景があります。
私も新しい技術を取り入れて社会に還元し、患者様のお悩みを解決できる分野に進みたいと思いました。

形成外科医としての今までのエピソード

 (34100)

当院では形成外科・皮膚科・美容外科・美容皮膚科の診療科目があります。
皮膚全体のお悩み、見た目のお悩みに対応できるクリニックになっております。

日常での皮膚のできものや、皮膚疾患などでは、地域の方が多く来院されます。
また、より高度で専門的な部分では、他の病院やクリニックでは治療するも中々治らずにずっと悩んでいる患者様が多くいらっしゃいます。
そのような患者様同士がコミュニティでの口コミを通じて、当院の噂を聞きつけ全国各地から多くの患者様が来院されています。
北海道や、四国など遠方からの来院も珍しくありません。
せっかくきていただいた患者様の期待に応えるため日々仕事に励んでおります。

医師として大事にしていること

 (34096)

基本的には医師と患者様は信頼関係でなり立っていると思います。
例えば、こちらが提供したい治療があったとしても無理にお勧めはしません。

逆に患者様の方からこのような治療をしてほしいと要求されても、その治療方法が患者様の為にならなければ、治療は行うことは少ないです。
診察時に患者様としっかりとコミュニケーションをとり、本当に患者様に必要な治療方法をご提案させていただいております。

そのような積み重ねの結果、患者様から「この医師になら治療を任せられる」と信頼されると思いますので、患者様の視点に立ち、本当に必要な治療方法を考えながら、診察しています。

日々ブログなどで私の考え方や、治療方針などを発信していますので、来院される患者様も私の考えや治療方針などを知った上どのような医師なのか知ったうえで、来院してくださるケースが多いです。

患者様との信頼関係が築けていれば、たとえ患者様が望む治療方針が間違っていたとしても医師として、プロフェッショナルの立場から、ご説明できれば納得されるので、患者様に納得頂く為にもまずは信頼関係をしっかりと構築することが一番大切だと思います。

伝えたいこと

 (34098)

形成外科は皮膚表面を扱う外科になりますが、まだまだ一般的には認知度が低く、骨や筋肉を扱う整形外科と間違われることも多いです。

また、形成外科で保険適用で治療できる内容は意外と多くありますが、それも知らない患者様が多いです。

例えばですが、生まれつきやピアストラブルで耳たぶが裂けている場合に、手術で治療できます。
耳たぶは立体で複雑な形をしているので、綺麗な形に戻すのは技術と経験が必要で難しいですが、この手術を形成外科で行っています。

また、まぶたの縁にできてしまったホクロやイボは目の近くでデリケートな場所なので取れるのかすら分からずに悩んでいる患者様や、皮膚科で診察してもらっても、難しく治療できない、あるいは放っておいても良いと言われる場合が結構あります。

ですが、目の近くは形成外科の専門分野であり、目を保護する器具や手術室もありますし、手術のノウハウもありますので、目元のホクロやイボでお悩みの患者様は気軽に相談にきて貰えたらと思います。

保険治療だけでは治らない難治性のニキビでお悩みの方も、日本では保険適用はされていないが海外で広く行われている治療・先進的な治療法も取り入れて今は治療することができますので、ニキビが治らずお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。

これから目指していること

 (34099)

当院が掲げているコンセプトとして「先進性」 「快適性」 「調和性」があります。
その中でも、特に先進性というものを大切にしています。

治療法は、毎年日々進歩していますので、積極的に学会活動や講演をしたり聴講したり、海外の学会にも年に数回は参加するようにしています。

そのような場所で世界の最先端の治療方などを実際に見て聞いて、新しい治療方法は積極的に自分で試して導入しています。

私は毎年新しい治療方法を取り入れて、技術をアップデートさせています。
患者様の満足度も毎年アップできるようなクリニックになりたいですね。

プロフィール

あらおクリニック・荒尾直樹

あらおクリニック・荒尾直樹

院長略歴
1996年 鹿児島ラ・サール学園高等学校卒業
2002年 昭和大学医学部卒業
2002年 昭和大学藤が丘病院形成外科入局
2006年 昭和大学大学院医学研究科卒業、医学博士号取得
2007年 佐賀大学医学部附属病院形成外科 助教・外来医長 (文部教官)
2008年 昭和大学藤が丘病院形成外科
2009年 青山ラジュボークリニック院長就任
2012年 横浜市青葉区にて、あらおクリニック開業 資格・役職
・医学博士
・日本形成外科学会認定 形成外科専門医
・昭和大学藤が丘病院形成外科 兼任講師
・美容レーザー適正認定医(日本美容医療協会認定)
・日本抗加齢美容医療学会(MBF) 理事

所属学会
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会(JSAPS)
・日本皮膚科学会
・日本美容皮膚科学会
・日本美容医療協会
・国際美容外科学会(ISAPS)

関連する記事

関連するキーワード

著者